<< うちのおかず・厚揚げと玉ねぎのタレケチャップ煮【お財布に優しい♪作りおきおかず♪】 | main | 2019年GWはおとなしくしています。【2018年GWは奄美大島でした。思い出アルバム】 >>
2019.04.25 Thursday

君はインデアンカレーを知っているか?【大阪人なら知っているカレーと言えば…!!】

0

    JUGEMテーマ:カレー料理

    インデアンカレーについて個人的な思いを綴っていきますょ( `・ω・´)ノ ヨロシクー

     

    お元気ですか?お久しぶりです! いっちゃっかのリゲルです。

     

     

     

    久しぶり繋がりで「インデアンカレー」を食べてきました。

     

    カレーブームのなか、大阪のカレーと言えば

    「インデアンカレー!」と大阪人は答えるでしょう。( ´∀`)

     

    「インデアンカレー」

    なぜだか急に!無性に!食べたくなるんですよね〜ッ。

     

    正月明けの「インデアンカレー」はすんっごい行列ですょ。

     

     

    あの

     

    さらさらルーのずいぶんと甘くて辛い味わい。

    そして固めのご飯。

     

    唯一無二です。

     

     

     

    わたくし、もっぱら阪急三番街店を利用しているのですが…

     

    ↓食べ終わりに撮った店舗外観写真。

     

     

    この日・平日昼木曜3時過ぎは空きました。

    (わたくしは入店時は並びました( ´ー`)/)

     

     

    カウンターの

     

    このお店は

     

    一見さんお断りのような

     

    通な人が行く店のような

     

    雰囲気があります。

     

     

     

    以下 実況↓↓

     

    まず店内に入口のレジで注文してチケットを買います。

    懐かしいプラッチックの札を貰い

     

    (注文したメニューで札の色が変わります)

     

    狭い店内、カウンターのお客の後ろで並びます。

     

    カウンター内にいる職人のような面持ちのオジサンに

    「お一人?コチラどうぞ〜」って空いた席を案内、指示されます。

     

     

    このカウンター内のオジサン、おねえさんが、職人!

     

     

    ※敬意を込めて勝手に「カウンター職人」と呼びます。

     

    無言でカウンターに座りそしておもむろに黄色い札を置きます。

     

    「レギュラー!」

     

     

    と、黄色の札を確認した目の前のカウンター職人が

    (黄色札は750円のスタンダードなインデアンカレーです)

     

    水と紙ナプキン&スプーンをセティングしながら報告します。

     

    その言葉をうけて、ご飯をよそおうカウンター職人と

    皿を受け取りカレーを注ぐカウンター職人。

    二人がかりです。

     

    山吹色に輝くカレーが目の前のカウンター職人に渡り

     

    甘酸っぱいキャベツの酢漬けと共にわたくしのもとへ。

     

    その間も次々とお客が入り、わたくしの後ろの通路で並んでおります。

     

    カウンター職人はご飯、カレー、水を注ぎながら、

     

    「待っているのは何人連れのお客か?

    もう食べ終わるか?空きそうな席は?水は?」

     

    などと目を光らせております。

     

     

    カチャカチャとスプーンの音とご飯のジャーを開け閉めする音

     

    「コチラどうぞ〜」「ルー大盛り〜」「お水大丈夫ですか〜」

    「先にチケット買って下さい〜」

    とカウンター職人の声の飛ぶなか

     

    お客は無言!で黙々とカレーを口に運んでいます。

    連れだって来ているお客も会話せずに食べています。

     

     

    本当は写真を撮りたいんですが、そんな雰囲気ではないのです。

     

     

    「カレーにそしてカウンター職人に向き合っている」

    という神聖な空気が充満しているんです。

     

     

    ですので写真が

    外観とディスプレーと戦利品(?)の紙ナプキンでスミマセン

     

    水とセッティング担当のカウンター職人は

     

    食べ終わったお客に

     

    「お水大丈夫ですか?」と気遣いし聞くのを忘れません。

     

    でも、わたくしには聞きませんでした。

     

    なぜなら

    カレーの味が消えたら勿体ないと

     

    ほとんど水に口をつけていないから…。

     

    視線は感じました。ありがとうございます。

     

    そして、ごちそうさまでした(^人^)。

     

     

    勝手に名付けた「カウンター職人」さんは

    長い修行をしてからでないとご飯を盛ったり、

    カレーをかけることができないのだそうです。

     

     

    うひゃ〜。

    「カレー職人」で「カウンター職人」でした。

     

     

    そうそう。

     

    長居は無用の店なんだと思っているんですが、

    店内レジの後ろのメニューに「ビール」があったのは

    驚きました。

     

    頼む強者はいるんでしょうか?

     

    ↑外のディスプレーには記載ないですね。

     

    大阪に7店舗、芦屋に1店舗、丸の内に1店舗あるそうです。

     

    制覇してみたいですね。

     

    では皆様お元気で〜♪

     

    また会いましょう( ´∀`)/~~

     

     

    職業訓練校に通学中のため、なんだかんだと更新できずにおりました。

     

    あと!奄美大島の住宅が決まりました!

     

    関西から南の島への移住についても書いていきます。

     

    ボチボチと更新しますが

    宜しくお願い致しますm(_ _)m。。。

     

    ではでは。。

     

    コメント
    コメントする